年代で選ぶ

ご自分の年齢にあわせて選ぶというのもひとつの選択方法です。

あるいは税理士の年齢で選ぶ。

 

若い経営者が、あまり年のとった(失礼があればゴメンナサイ)税理士を選ぶ

と会話が成立しないという可能性がありますし、逆の場合にもそれは言えると

思います。

若い感覚が必要であれば自分より若い税理士がいいかもしれませんし、等身

大の感覚が好みであれば同世代ということになります。

多少の安心感が必要であれば、自分より少し上の年代を選ぶのもいいかもし

れません。

 

ご自分の年齢と必要とする年代から税理士を選ぶのも重要な選び方だと思い

ます。