お客様に合わせた役割の提案

最近は効率性を求めた税理士事務所が増えつつあるような気がします。

「自計化」という、顧問先自身で会計データ等の入力をしていただき、会計事務

所が定期的に巡回監査を行い、内容を確認するというものです。

自分の会社のことを知るために、自計化は一番いい方法です。

そういう意味で、私の事務所も自計化は進めていますが、どうしても自計化でき

ない顧問先もあります。

すべての人がパソコンを扱えるわけではありませんし、ましてやそのために事務

の方を雇う、あるいは高額なシステムを導入するのでは本末転倒な話。

逆に自計化が難しいという会社でしたら、「中小、零細を問わず、どういうレベ

ルであっても対応できる」というのが、私の事務所です。

当事務所では自計化できないお客様などのお役に立てるよう「記帳代行」も通常

業務としております。