税理士あるいは税理士試験について・・あれこれ

平成12年12月の税理士試験に合格し翌年の2月に税理士登録をしました。

38歳の時でした。

それから10年ほど経ち・・現在49歳。

もともとが「優秀」なタイプでななく、むしろ「落ちこぼれ」に属するタイプ。

受験履歴も長く16年に及びました。(う〜ん、ここで引かれそう・・)

 

時々ですが税理士試験や税理士に関する質問をいただきます。

・・返事は必ず返します。

 

で、思うのですが、税理士試験の合格はゴールではなくスタートです。

意外とそのことに気付かれていない方が多いようです。

税理士という資格は手段であり、本当の目的はどういう税理士になるのか?あるいは

税理士になって何をしたいのかなのだと思います。

 

試験には必ず答えがありますが、実務については自分で答えを出さなくてはなりません。

そして、その答えに責任を持たなくてはなりません。

でも、その苦しみも喜びもすべては自分だけの果実です。

苦しみに見合うだけの喜びも、必ずあると私は信じています。

 

税理士試験は、私ほどではないにしてもほとんどの方が長期にわたり受験を繰り返すも

のです。

短い期間で合格するに越したことはありませんが、つらい時期を過ごすのも結果的に自

分のためになるのではないかと思います。

そういうことの積み重ねも、税理士としての資質を鍛えてくれるのかもしれません。

 

合格さえできれば、つらかったことのすべてはいい思い出に変わるはずです。

「がんばる」という言葉は好きではありません。

いいことも悪いことも・・すべてを楽しみましょう。

いつかはすべて自分に返ってきます。